tritongutters.com

斎場御嶽の概要文化遺産の魅力について : tritongutters.com

PAGE

斎場御嶽の概要文化遺産の魅力について

斎場御嶽の概要文化遺産の魅力について : tritongutters.com 皆さん沖縄の観光スポットである『斎場御嶽』と言う場所を聞いた事がありますでしょうか。ちなみに読み方が分からない方もいるかと思いますので『せーふぁうたき』または『サイハノうたき』と読みます。この場所は、現在の沖縄県南城市にあります。歴史としては、15世紀-16世紀の琉球王国・尚真王時代の御嶽であるとされています。そして名前の由来としては『せーふぁ』は最高位を意味し、『斎場御嶽』は最高の御嶽と言意味となります。ちなみにこれは通称となりますので、正式な神名は「君ガ嶽、主ガ嶽ノイビ」となります。

そしてこの敷地内には首里城内の施設名と同じ拝所が複数あります。3つの拝所が集中する最奥部の三庫理(さんぐーい)には「チョウノハナ(京のはな)」という最も格の高い拝所があり、クバの木を伝って琉球の創世神であるアマミクが降臨するとされています。また、三庫理からは王国開闢にまつわる最高聖地とされている久高島を遥拝する事が出来るとされていますが、残念ながらこれについては史書には記述がありません。これは、近世になって三庫理の岩壁の一角が崩れた事によるもので、昔は三庫理は三方を岩壁に囲まれた空間だったそうです。

また、この斎場御嶽は2000年11月に首里城跡などとともに、琉球王国のグスク及び関連遺産群としてユネスコの文化遺産に登録されました。尚、国の史跡、沖縄県指定名勝にも指定されていて、御嶽内で出土した陶磁器と勾玉などは国の重要文化財に指定されています。周囲の森林は沖縄本島南部に於ける最も優れた森林の一つになります。本島中南部は第二次世界大戦において被害を受け、それ以前の状態を残した場所がほとんどないのですが、この地域は戦災を免れましたので、シダ植物やラン科植物などの珍しい物が多いです。

 比べてお得!